TOP生活雑貨・家庭用品陶磁器楽焼(京都府)抹茶碗 黒楽茶碗 「佐々木松楽 作」通年物

抹茶碗 黒楽茶碗 「佐々木松楽 作」通年物
手捏ねの軟陶で半筒形の黒楽の抹茶碗です。 

商品写真

抹茶碗 黒楽茶碗 

 
抹茶碗 黒楽茶碗 「佐々木松楽 作」通年物

商品説明
京都の楽家より脈々と伝わる手捏ねの軟陶で半筒形の黒楽の抹茶碗です。
天正の初め頃に阿米夜(あめや)が作陶を始め、初代長次郎が聚楽第で製陶して聚楽焼として楽焼の基礎を成しました。
茶碗には赤楽、黒楽があり、初期の赤楽は胎土寿楽土による発色で、黒楽は加茂川黒石を用いておりました。


「大きさ」 胴直径 約12cm 高台直径 約5.5cm 高さ 約8.5cm

「作家」 佐々木 松楽

【検索語】
茶道 抹茶 薄茶を点てる 濃茶を練る 裏千家 表千家 薮内流 武者小路千家 速水流 茶椀 茶筅 茶杓 茶巾 割稽古 盆略点前 茶箱 茶事 野点
買い物かごに入れる
価格 ¥9,180(税込み)
数量 

特定商取引における表記

取扱店
みのる園

当店で販売しているお茶は、香り、甘み、湯を注いだときの水色、全てにおいて茶匠がこだわり抜いてブレンドさせた茶葉のみ取り扱っています。
ブレンド(合組)とはそれぞれの茶葉の長所を最大限に活かし、おいしいお茶を作るために行う作業です。

茶葉の味、色合いは生産地により異なりますが、同じ畑においても、上の畝(うね)と下の畝とでは味や色合いが異なります。「ブレンドする」というのは、そういう畝ごとによって異なる味を均一に整えるということ。

さらに、均一になった茶葉を組み合わせることで、持っている長所を最大限に活かした香り、甘み、水色のよい「おいしいお茶」が完成します。私は、これまで試行錯誤してきた経験により茶葉が本来持っている隠れた長所を引き出すことができました。これまでもちろん失敗もたくさんしてきました。短所を隠すためにブレンドし、逆に短所が目立ち苦味の強いお茶になることも。

さらにブレンドの最大のポイントは、茶葉の長所同士を足して50+50=100にするのではなく、120、200と相乗効果でおいしい茶葉を生みだすところにあります。

販売業者: みのる園 
運営責任者: 本地 実 
郵便番号: 703-8256 
住所: 岡山県岡山市中区浜478-8 
営業時間: 9:00〜19:00 
定休日: 日曜、祝日 
電話番号: 086-272-1876 
fax番号: 086-272-1876 
メールアドレス: minoru-1@po1.oninet.ne.jp 
ホームページ: http://www.minoruen.com 

抹茶や茶道具、宇治産の玉露や煎茶の茶葉の専門店 抹茶や茶道具、宇治産の玉露や煎茶の茶葉の専門店

  • ホームページを見る
  • 商品一覧
  • 特定商取引における表記を見る
  • 地図を見る

炉釜 百会霰釜  (ひゃっかいあられがま) 利休好写 古帛紗 ロワール飾花文(しょっかもん) 龍村裂 茶道具  茶入 大海 龍村裂 花文暈繝錦 (うんげんにしき) 腰黒 水注 口蓋あり 抹茶碗 赤楽茶碗 「佐々木松楽 作」通年物

炉釜 百会霰釜 (ひゃっかいあられがま) 利休好写

肩から胴にかけて地肌に粒状の突起の炉釜 

¥129,600(税込)

古帛紗 ロワール飾花文(しょっかもん) 龍村裂 茶道具

機何学飾に上下鶴左右対象の種物の古帛紗 

¥3,240(税込)

茶入 大海 龍村裂 花文暈繝錦 (うんげんにしき)

大ぶりで広口甑が低い平丸形の茶入れと仕覆 

¥14,180(税込)

腰黒 水注 口蓋あり

利休好と云われ素銅の腰より下を黒く色つけ 

¥27,950(税込)

抹茶碗 赤楽茶碗 「佐々木松楽 作」通年物

手捏ねの軟陶で半筒形の赤楽の抹茶碗です。 

¥8,640(税込)